米 通販 中村農園の産地直送 お米の直売所
HOME
稲 作

コシヒカリ 『仁科のひかり』 エコ栽培米

お米の注文
 エコ栽培米 長野県産 コシヒカリ
原産地呼称管理委員会
リンク

当農園の理念
稲作日記2011

今年も最高のお米ができました

農園のご案内

中村農園は環境に配慮したエコ栽培米を栽培しています。
エコ栽培とは環境に配慮した栽培技術の導入により土作り技術、化学肥料削減技術
、化学農薬削減技術を組み合わせた栽培技術のことをいいます。

当農園ではより消費者の方が安心していただける栽培法を実施しています。
『仁科のひかり』の栽培履歴はこちらからどうぞ。

情 報
ご注文はこちら
お問い合わせ

当農園は長野県大町市、北安曇郡池田町、北安曇郡松川村の行政境に位置し豊かな田園
風景が広がり、安曇野の田園風景が唯一残るところと言われています。

標高600mから650mの平坦地にあり日照量が多く、昼夜の温度差が大きい為稲の余分な
代謝を抑え、光合成で作られた米の旨みであるデンプンをたっぷり蓄積します。

又雄大な北アルプスが聳え、山々は雪解け水を豊富に蓄えこの北アルプスに源を発する高瀬川
(一級河川)の流れ込む清らかな水により栽培しています。

新鮮、安心、安全なお米を自宅に産地直送でお届け致します、ぜひご賞味ください。







コシヒカリ『極み 安曇野』無肥料、無農薬栽培

コシヒカリ 『仁科のみやび』 特別栽培米

 長野県 原産地呼称管理制度 特別栽培米

無肥料栽培とは、化学肥料・農薬はもちろんのこと、有機肥料(畜産堆肥、米ぬか、油粕、魚粕を含む、自然堆肥)を一切使用せず、土壌と作物そのものがもつ本来の偉力を発揮させることで作物を栽培する農法のことです。基本的に、除草、耕起、十分な管理はしっかり行います。

たまに野菜の栽培などで聞いたことはあるかもしれませんが、水稲栽培では聞いたことはありません。
水稲でそれを可能にするために必要な事はただ一つ、
長い年月のみ!

作付け圃場はもう10年以上も自己保全管理で雑草がのびたらトラクターで起こしていただけになります。
つまり10年分の雑草が堆肥となって土壌に蓄積されています。
しかも圃場に7年以上水を張らないと、水田雑草は死滅してしまう為、農薬も必要ありません。
ここ最近、パワースポット巡りが流行っていますがこのお米を食べるだけで自然エネルギーを吸収できるのではないでしょうか?

アトピー、アレルギーで辛い思いをしている方の体質改善にお役立てできるのでは?

『極み 安曇野』の栽培履歴はこちらからどうぞ。

特別栽培米とは長野県慣行栽培基準(通常使う化学肥料、化学農薬使用量)よりも
5割以上削減したお米の事を言います。
 
平成16年4月よりJAS法改定に伴い『無農薬』『減農薬・減化学肥料』の食品表記が
廃止され『特別栽培米』という名称に一本化されました。
『仁科のみやび』の栽培履歴はこちらからどうぞ。

中村農園は『信州の環境にやさしい農産物』の認証を取得いたしました。

長野県 原産地呼称管理制度
ウェブ アニメータ

動画をアップしました、上のGO
クリックしてください。
ここが最後の安曇野の田園風景
になります。
田植え後田んぼにたくさんドジョウ、
イモリがいました。

他にも稲作日記はこちらからどうぞ

「信州の環境にやさしい農産物」
とは土壌診断に基づく適正な土づくり
を行ったほ場において、化学肥料及び
化学合成農薬について、
「地域慣行施肥量」及び「地区農薬
使用回数」の50%以上を削減した方法
で生産された農産物をいう。但し、
当分の間30%以上の削減も認めるも
のとします。

信州の環境にやさしい農産物
長野県原産地呼称管理制度
自然にやさしく、環境にやさしいお米は人の体にも優しくなります。